インフルエンザかどうか早く判断ができるようになりました!

インフルエンザの患者さんが当院でも少しずつ増えてきました。

インフルエンザは通常熱が出てから12時間ほどしないと検査が陽性に出ないため、昨年までは熱が出て数時間の方には一旦ご帰宅頂き翌日に再度来て頂いていました。

しかし、現在使われているインフルエンザ薬はすべて、インフルエンザが増えるのを抑える薬で、増えたウイルスを消す薬ではないため、早期に飲めば飲むほど効果が期待できます。

 

早く診断をつけたいけれど、早く来すぎたら分からない

 

インフルエンザ診断はそんな悩みを伴うものでした。

 

そこで、今季はミズホメディ社のクイックチェイサー®を購入しました。この機械は機械の力で高感度でインフルエンザの診断を行います。発熱後12時間以内(3-4時間でも出ることもありますが、6時間以降の方がより確実です)でもインフルエンザの診断が可能になりました。

 

 

デメリットは検査に少しお時間を頂くことです。15分ほど検査に時間を要します。2名の方が同時に検査をできるように2台購入しましたが、3人目の方にはさらにお待ちいただかなければいけません。

 

少しでも早く診断がついて、少しでも早く楽になったり、早く安心が得られといいなと思ってます。

 

渋谷区のインフルエンザワクチンの助成は1月31日までとなっております。未接種の方はお早めの接種をおすすめしております。