ひとり親家庭へのインフルエンザワクチン寄付のお願い

マーガレットこどもクリニックの院長の田中です。今年もインフルエンザワクチン接種のシーズンが迫ってきました。

 

 昨年は、幸いにもインフルエンザは全く流行しませんでした。しかし、今年の夏、こどもたちの間でRSウイルスが大流行しました。インフルエンザについても免疫を持たない層が増えたことよる大きな流行があるのではと心配をしています。

 

 インフルエンザは、幼児・児童がひとたび罹患すると、重い場合は1週間ちかく登園登校ができず、働きながら子育てをする親は、仕事を長期間休むなどの対応に迫られます。兄弟や親自身を含む家族への感染力も高く、皆さんご存知のようにインフルエンザは子育て世帯にとって脅威です。

 

そのような中でインフルエンザワクチンを最も必要としているのはひとり親家庭です。子どもが罹患した場合、両親がかわるがわるお休みをとれる家庭と違い、ひとりで看病をしなければなりません。ご自身が罹患した場合も含め、長期休業が直接経済的なダメージとなります。ワクチンの補助がない自治体も多く、インフルエンザワクチンの費用負担は大きいものになります。

 

 

母子家庭の半数以上は非正規であり、2018年の厚生労働省「国民生活基礎調査」ではひとり親の相対的貧困率は48.1%とおよそ半分を占めています。さらに長引くコロ禍で、困窮が極まったひとり親家庭は少なくありません。

 

ひとり親が貧困になってしまうのは決して個人のせいではないと私は思っています。 そこには女性の正規雇用が男性と比べて少なかったり、収入に男女の格差があったりというジェンダーの格差がそもそもあります。また、養育費を徴収する仕組みもまだまだ不十分です。ひとり親が貧困となってしまうのは社会の問題だと思うのです。

 

 

 

当院では2018年冬からひとり親の親子の方に無料もしくは安価でインフルエンザワクチンを接種してきました。 昨年から、より多くのひとり親の親子に接種をしてもらうため、当院で自費でインフルエンザワクチンを接種される方に500円の寄付をお願いすることとしました。昨年は528人の方の寄付により、77名のひとり親の親子にインフルエンザワクチンをお届けすることができました。

 

 困っている親子を少しでも社会で支えるため、今年も皆様のお力をお貸し頂きたいです。今年も当院で自費でインフルエンザワクチンを接種される方で賛同いただける方はお一人500円の寄付をお願い致します。診察等で御来院いただいた際でも寄付は可能です。

 

 

善意の連鎖は渋谷を超えて藤沢に

昨年多くの皆様にこの取り組みを知っていただくことができました。そして、今年はこの取り組みが、私達のクリニックの枠を超えて広がることとなりました。かるがも藤沢クリニックさんが私達の取り組みに賛同してくださり、寄付によるひとり親の方へのプレゼントを行うことになりました。今年は我々だけでは届けきれない方にワクチンを届けることができるようになります。

 

かるがも藤沢クリニックさんの取り組みはこちら

一緒に取り組みを広げてくれるクリニックさんがいらしたらぜひお声がけください。

 

最後に当院で接種をされたひとり親の方の喜びの声です。

 

 

  • ● 子供が3人おり、高額になるので諦めていましたが、今回の企画を知り、すぐに受けに行きました。去年は私を含めて全員でインフルエンザにかかり、大変だったので、とても助かります。ありがとうございました。

 

  • ● ひとり親でも家庭事情は様々で、本当に大変な人に光が当たらないこともあるかと思います。そんな人達に目を向けて頂き、コロナ禍で今まで以上に大変な中、有難い限りと心から感謝しております。有難うございました。

 

  • ● 下の子どもが受験生なので、とても助かりました。子ども2人と自分が打つ費用を出すのが大変で、子どもだけを接種させていたのですが今年は受験生なので、私も接種出来て安心しました。 本当にありがとうございました。

 

  • ● 私は子どもが5人いるシングルマザーです。毎年、インフルエンザワクチンを接種したいと思いながら、かなりの金額になってしまうため諦めていました。 新聞で拝見するまでは、「受験生の子だけにしようか、持病のある子も本当はうちたい、いやいや昨シーズン異常行動をおこした子にした方が良いかしら」などと考えていました。 ただ、年末の物入りの時期であることや、受験生もいるため、実際誰も接種できずに終わったと思います。 本当に感謝しております。 どうもありがとうございました。 毎年接種しない理由は金銭的な理由だけなので、できれば自治体でひとり親家庭の方や市民税非課税世帯の方、障害をお持ちの方々は無料か低額で接種できるようになると良いなと思っています。

 

 

インフルエンザワクチンは10月13日より開始予定です。予約方法等はこちら

ひとり親の方の接種は受付前です。11月中にWEBサイトおよびLINEに案内をお出しします。

 

私達の思いをnoteに記しています。ぜひご一読ください。

 

ひとり親は、ワクチンが打てなくても自己責任なのだろうか。あまりに酷い健康格差が浮き彫りになった話|マーガレットこどもクリニック|note

 

ひとり親家庭のために寄付つきインフルエンザワクチンを始めます!|マーガレットこどもクリニック|note