予防接種関連のQ&A

予防接種って本当に受けなきゃいけないの?

昔よりワクチンの数も増え、接種率も上がりました。ワクチンで病気が予防できるようになった分、髄膜炎、はしか、水ぼうそうやおたふくの怖さを身近に感じる機会は減っています。ヒブや肺炎球菌の予防接種が日本で打てるようになる前、勤務する市中病院には年に何人かのお子さんたちが髄膜炎で入院していました。命がけの戦いになることもありました。また、残念ながら後遺症を残すお子さんもいました。
水ぼうそうやおたふくなら、大丈夫と思っていませんか?水ぼうそうは、アトピーがあるお子さんの場合、重症化することがあります。また、水ぼうそうに関連して肺炎や脳炎、脳梗塞を起こすことがあることも報告されています。お子さんが高齢化した時、帯状疱疹として身体に潜んでいた水ぼうそうのウイルスが出てきて苦しむこともあります。おたふくは無菌性髄膜炎を合併したり、難聴を後遺症として残すことがあります。ワクチンの副反応と、病気にかかった場合に起こりうる合併症、たとえ合併症がなくても約1週間からそれ以上病気でお休みをしなければいけないことを考えると、予防接種は是非忘れず受けて頂きたいです。
また、お子さんの周りには、免疫不全でワクチンを受けられないお子さんや、年齢が小さくワクチンをまだ受けられていないお子さんたちもいます。こうした子たちは、周りの接種率が上がり、病気が流行しなくなることで、ご本人はワクチンを打てなくてもワクチンにより病気から守られます。

予防接種を嫌がる子ども

予防接種の日はお風呂に入ってもいい?

はい。入って大丈夫です。注射部位をゴシゴシ強く洗うのは控えてください。また当日は激しい運動は控えてください。公園で軽く遊ぶ程度は大丈夫でしょう。