子育て関連のQ&A

ステロイドを処方されたけれど、こんなに塗っても大丈夫? 副作用が心配。

アトピー性皮膚炎や、乳児の湿疹で赤みが強いとステロイドが処方されることがあります。ステロイドは怖いイメージがありますが、きちんと使えばお子さんの痒みを抑えてくれる非常に良い薬です。
ステロイドを塗る時の量の指標が示されています。大人の人さし指の一番先から第1関節に乗る量で、大人の手のひら2枚分くらいの面積を塗ることができます。この指先から第1関節に乗る量を1FTU(フィンガーチップユニット)として、おおよそ0.5gに相当します。生後3ヶ月から6ヶ月くらいの赤ちゃんの場合、顔から首が1FTU 胸から股まで1FTU, 背中からお尻が1.5FTU ,両腕で2FTU 両脚で3FTU。顔はステロイドの吸収が良いので、少し弱めのランクのステロイドを使用することが多いです。腕と足と体を同じレベルのステロイドで全身使用した場合、1回に7.5FTU(3.75g)/ 回使用することになります。ステロイド1本が0.5gの場合にはおよそ3日で2本は使用する計算になります。これが全身に使う場合の標準の量です。実際には足の裏や手のひらなど発疹の出にくい場所もあり、使用量はもう少し少ないことが多いですが、みなさんが想像しているより多い量がガイドラインで示されている量なのです。初期にはしっかり使って痒みを抑え、症状が落ち着いてきたら徐々に範囲を減らす。良くなったら中止するのではなく、1日1回を2日に1回、3日1回と少しずつ間隔を開けて、減らしていくことをおすすめします。
我が家のこどもも生後3ヶ月頃から全身に発疹が出て、乳児アトピー性皮膚炎と診断されました。赤ちゃんが夜、頭を枕にこすりつけて寝る姿を見るのはつらかったです。FTUの方法に従って、しっかりステロイドを使いながら保湿を行いました。痒みが落ち着いて、少しずつステロイドを減らすことができ、保湿だけに切り替え、2歳頃には時々保湿をするくらいになりました。
ステロイドの使用やスキンケアの方法で不安があり、ゆっくり相談したい場合には子育て相談外来を予約ください。

言葉が遅いけど、男の子だからかな?

言葉は1歳をすぎたころから出てくるお子さんが多いです。言葉はある日突然子どもの中から湧いて出てくるのではなく、言葉を話すまでにはいくつもの発達のステップがあります。生後2−3ヶ月頃からあやすと笑うようになり、生後5−6か月頃には喃語を話し、生後6−7か月から保護者とそれ以外の人が区別ができるようになり人見知りをして、 生後9−10か月頃からバイバイなど大人の真似をし、生後10ー11か月頃から言われたことがいくつか理解できる。こうした言語にはならないコミュニケーションの土台ができて、ようやく言葉が出てきます。お子さんの言葉が遅い場合、よく目が合い、バイバイなどの真似もできて、こちらの言っていることを理解している様子がある場合には2歳頃までは様子を見ても良いでしょう。目が合わない、模倣をしない、指示を全く理解する様子がない場合には早めに受診をしてください。

お勧め図書
自閉症・発達障害を疑われたとき・疑ったとき:不安を笑顔に変える乳幼児期のLST

自閉症・発達障害を疑われたとき・疑ったときの本

他の子のようにできない。もっと厳しく教えるべき?

もしあなたが新しいお料理にチャレンジをして、思っていた様なものができなかった時、家族から「まずい。なんでこんなもの作るんだ」って怒られたらどうでしょう。もう2度とチャレンジしたくなくなりませんか?美味しいものを家族に食べさせたいとチャレンジした気持ちは認めて欲しいですよね。料理を失敗したことを厳しく叱られても、次にうまく作ることにはつながりません。どうやって作ればいいか、正しいレシピを探し、練習することが次につながります。
子どもも一緒です。うまくいかないことは沢山あります。簡単にできてしまう子を見ると、「なぜ、うちの子は」と思うかもしれませんが、厳しく叱っても、子どもには怒られた記憶だけが残り、どうやってやればできるかは分かりません。やってみようとしたお子さんの気持ちをまずは認めてあげましょう。そして、縄跳びだったら、まずは片手で縄を回すこと、字を書くのであれば、まずはしっかり鉛筆を握り線を書くこと、嫌いな食べ物があったら、まずは一口舐めること、座っていることが難しいのなら、まずは1分座っていることなど、お子さんができる範囲の小さな目標を設定し、それがクリアできたらお子さんと一緒に喜びましょう。きっとお子さんもとても嬉しいはずです。できない場合にも取り組んだことを褒めてあげてください。小さな小さな歩みでも、重ねれば大きな一歩になります。相手を怖がらせることなく、「できるかも」と思わせながら進むのはトレーナーである親の腕の見せ所です。

お勧め図書
発達障害児へのライフスキルトレーニング

発達障害児へのライフスキルトレーニングの本

何回言っても動かない。どんどん怒ってしまうけどどうしたらいいのか?

「早く片付けをしなさい」「いつまでテレビを見ているの」「何度行ったらわかるの。片付けなさいって言っているでしょう!もう!」ありがちな会話ですね。我が家でも、なかなか指示に対して動かない息子たちにイライラが募る毎日です。
「誰が片付けをしてくれるかな?」「はーい」
「おもちゃ入れ競争だ!」「やるー」
と声がけを変えて気分よく取り掛かってくれる日はしめたもの、でも大抵は子どもはやりたくないことは、言っても言っても動きません。指示を聞いてくれない子どもに繰り返し、指示をしているとだんだん感情がこもってヒートアップしがちです。
そんな時にお勧めな方法は「壊れた時計になる」方法。
自分が「壊れた時計」になったつもりで「片付けの時間です」「片付けの時間です」「片付けの時間です」
「宿題をしなさい」「宿題をしなさい」「宿題をしなさい」
子どもが動くまでひたすら同じ言葉をあえて繰り返します。そうすることで、相手を否定する言葉が出てきてしまうのを防ぐことができ、感情のヒートアップも少し和らぎます。そして、指示を聞いてくれたら、「ありがとう」「よく頑張ったね」などの取り組みを評価する一言を忘れずに。

子どもの片付け